2023.12.06パディングベストで秋冬コーデにアクセントをプラス


ELKEXのパディングベストは、男らしいデザインと組み合わせやすいカラーが特徴。アクセントとして羽織るだけでいつものコーディネートの印象がガラッと変わります。秋冬はもちろん、春先にもおすすめ。

暑い季節が終わって気温が下がり、普段の装いに羽織る上着選びに悩まれている方も多いのではないでしょうか。

そんなときにおすすめなのが、パディングベスト。普段の装いにプラスするだけで、温かいだけでなくコーディネートの印象もガラッと変わります。

ELKEXは、2023年の秋冬にぴったりのパディングベストを提供しています。

今回は「パディング」についての基礎知識に触れながら、ELKEXのパディングベストの魅力について触れていきます。

1 パディングとは

パディングとは「詰め物」を指す言葉です。

衣類に綿などを詰めるプロセスやスタイルそのものを示す言葉であるため、今回紹介するベストをはじめ、詰め物の入ったジャケットやコートなどの衣類は「パディング」だと判断できます。

詰め物を入れたパディング系の衣類は、着用時の保温性を感じられるのが特徴です。

加えて、衣類に立体感を与え、コーディネートの印象を変える効果もあります。

2 ダウン・中綿との違い

衣類の中に詰め物というと、ダウンをイメージする方も多いでしょう。

ダウンは、主にガチョウやアヒルなどの水鳥から取った羽毛のことです。

互いの毛と毛が絡み合わないため、大量の空気を取り込めるのがダウンの特徴。大量に取り込んだ空気が断熱保温材の役割を果たし、温かくなるのがダウンを使用した衣類の仕組みです。

ダウンはあくまで「素材」であり、パディングは「製法」を指します。

例えばダウンベストもパディングベストも同じ詰め物を入れる衣類ですが、詰める素材が異なります。ダウンベストには天然素材であるダウンを使用しますが、パディングベストには合成繊維である「中綿」を入れるのが一般的です。

パディングと中綿が混在する方もいるかもしれませんが、わかりやすくいうと「合成繊維である中綿を詰めた衣類」がパディング系衣類ということになります。

ELKEXで提供しているパディングベストも中綿であり、素材はポリエステル100%です。

3 ELKEXが提供するパディングベスト

ELKEXのパディングベストは、男らしさを演出してくれるこだわりのデザインに仕上げました。

表地にはレザーのような高級感のある質感があるフェイクレザーを使用し、裏地には柔らかくふっくらとしたタスラン素材を採用しています。

上質な仕上がりと、羽織るだけでじんわりあたたかい着心地が魅力。

コーデ全体がすっきりとした印象になるブラック×ブラックと、アクセントを加えるのにぴったりなカーキ×ブラックの2色をご用意。

シルエットは、大きすぎず小さすぎない絶妙なバランスを意識しました。

コーデ全体のバランスをキープしつつ、秋冬らしい印象に仕上げてくれます。

また、内ポケットもついているので、収納力もしっかり確保されたアイテムです。

サイズ 身長 胸囲 胴囲 着丈 肩巾 身巾 裾巾 袖丈
M 167〜173cm 89~95cm 75~81cm 68cm 42cm 57cm 56cm -
L 172~178cm 93~99cm 79~85cm 70cm 44cm 59cm 58cm -
XL 177~183cm 97~103cm 83~89cm 72cm 46cm 61cm 60cm -
XXL 182~188cm 101~107cm 87~93cm 74cm 48cm 63cm 62cm -

※弊社独自の採寸・計量方法によって計測を行なっております。多少の誤差が生じる場合がございますので、予めご了承ください。

  • 品名:PADDING VEST
  • 品番:EKM3FA0009
  • 表地:ポリエステル100%
  • 裏地:ナイロン100%
  • 中綿:ポリエステル100%

載の価格・製品のパッケージ・デザイン・仕様について、予告なく変更することがございます。予めご了承ください。

商品詳細はコチラをご覧ください。

秋・冬コーデのアクセントになるパディングベスト

コーディネートのアクセントにぴったりな、パディングベスト。

ELKEXでは、男らしいデザインと組み合わせやすいカラー展開のパディングベストを用意しています。

羽織りやすく、着回しやすいシルエットとデザインで、秋・冬はもちろん次の春先にも使用できるアイテムです。

ぜひこの機会にパディングベストを取り入れたコーディネートに挑戦してみましょう。